日本におけるルート配送の需要は非常に高く、常に数多くの求人が出回っています。しかし、応募を考えている人の中にはその内容について詳しく理解していない人も多いのが実情です。そこで今回は、ルート配送の求人に応募する上で知っておくべくポイントについて詳しく解説していきます。

求人に応募する時の条件の確認

景気の動向に左右されることもなく、安定して働くことができるルート配送ですが、雇用条件は企業によって異なるため、複数の企業から比較検討をするのが基本です。ここからは、求人に掲載されている条件のチェックポイントについて説明していきます。

勤務時間や仕事内容に見合う収入が支払われているか

仕事中に万が一トラブルが起きた時に発生する罰金を含めた処罰内容

信頼できる会社を選ぶ時のチェックポイント

需要の増加に伴って配送を専門とする会社の数は増えていますが、必ずしも全てが信頼できる企業とは限らないのが実情です。ここからは、悪質な企業に入って失敗しないために必要となるチェックポイントをいくつか紹介していきます。

自社で扱っている車両の清潔感

ルート配送の求人の良し悪しを見分ける方法のひとつとして、自社所有の車両の扱い方があります。車内にごみが散乱しているなど清潔感がない場合、その会社は社員教育を疎かにしている可能性が高いと言えるでしょ…

ドライバーの安全に配慮した装備品の充実

配送業務は、色々な道を走らなければなりません。交通量の多い道や、幅の狭い道を走ることもあります。そんな時運転に自信のない人や、配送業務自体初めてという人はとても不安だと思います。ルート配送の会社を…

経験を問わず幅広い条件での雇用

ルート配送の仕事で、信頼できる会社を見つける時は、しっかりとした研修制度が整っている職場かどうかチェックすることがポイントです。ルート配送の求人では、経験を問わない求人もたくさんあります。そのよう…

各種保険を含めた福利厚生の充実

正社員の求人は基本的な加入保険に加入できるものが多い

ルート配送の求人に応募をして運送会社で長く勤めたい時には、各種保険を含め福利厚生が充実している会社を選択することがとても重要です。たとえば、大手や中小の正社員のドライバー求人は、雇用保険や健康保険といった基本的な加入保険に加入できるものが多く、安心して日々の仕事に取り組むことが可能です。また、希望者を対象とした財形貯蓄制度がある会社もあり、近い将来に住宅や車の購入を希望する人も効率良く貯蓄をすることができるようになっています。なお、福利厚生の良し悪しは、雇用形態だけでなく勤務先の経営状態や人事のシステムなどによっても違いがあります。そのため、就職後のトラブルを防ぐうえで、求職中から時間を掛けて各地の運送会社のドライバーの労働条件を比較することが大切です。

非正規雇用のドライバーも正社員と同様の待遇で働ける会社もある

ルート配送のドライバーの人材確保に積極的な運送会社の中には、パートや派遣、契約社員などのドライバーも正社員と同様の待遇で働けるように処遇改善を行っているところが少なくありません。そのため、社会保険の加入だけでなく、様々な面で好条件で働きたい場合には、なるべく業績が良いところや、一人ひとりのドライバーのサポートが手厚いところを職場に決めることがおすすめです。また、小規模の運送会社で働く場合には、労働時間や出勤日数などの都合により、社会保険の加入が制限されることもあるため注意が必要です。その他、配偶者の扶養の範囲内で仕事をしたい人は、社会保険の加入の有無について入社前にきちんと事務の担当者と話し合うことが大事です。